婚活疲れしない方法とは?

婚活に疲れました…

疲れない方法をお伝えします。

成果が出れば、疲れない。

当たり前のことですが、「成果」が出れば婚活は疲れません。
 
大事なことは、

“ 勝てる環境で戦うこと ”
です。
 

女性側から見て「選択肢が多い場所」は、他の男性と比較され、目移りされやすいです。

結婚間近だったのに別の男性に乗り換えられ…みたいな徒労は、環境選びで避けられるようになります。
 
 

婚活の最短距離は、全実施→削る。

婚活の最短距離は「全実施 → 削る」です。
 
相性のよさそうな方法を同時に試して、効果の薄いものを1~2ヶ月単位で削っていきます。その際、「接触数 × 決定率 = 決定件数」の考え方が役に立ちます。
 
こちらの記事にも書いていますが、私の友人もこの方法で結婚相手を見つけました。
 

この考え方は「広告運用」で学びました。1つずつ吟味して広告を出すよりも、ドカンと出してから削っていく方が、速くて確実でした。

婚活で「最初にドカン」といっても、私が勧める方法なら月5~6万程度です。結婚相手が見つかると思えば、お得な投資です。
 
 

成果はフェーズごとに考える。

うまくいかないときは、フェーズごとに考えることが大事です。

(1) そもそも、マッチングしない。
(2) デートに辿り着かない。
(3) 交際に発展しない。
(4) 結婚に至らない。
 

決定率の低いところが見つかれば、適切に対処することができます。
 
たとえば、

(1) そもそも、マッチングしない。

→ 女性側が選び放題の環境で戦っていないか?
  例:マッチングアプリ、合コン、街コン。
 
→ 悪質な結婚相談所を利用していないか?
  例:少人数の手持ち会員だけでやりくり。
 

環境を変えるだけで、成果は変わります。
 

(2) デートに辿り着かない。

→ メッセージやLINEのやり取りに課題はないか?
  例:共通の話題がなく、親しくなれない。
  例:文面が、自分の話ばかり。
 

ペーシングやミラーリングを守るだけで、親しくなれます。
 

(3) 交際に発展しない。

→ デートに課題はないか?
  例:一緒にいて盛り上がらない。

 

(4) 結婚に至らない。

→ 相手の結婚願望は十分か?
  例:相手はまだ恋活気分。
 

婚活サービスを選べば、徒労になることを避けられます。
 

まとめ

・成果の出やすい環境を選ぶ。
・全実施→削るが最短距離。
・フェーズごとに課題を検討する。
・「接触数 × 決定率 = 決定件数」の考え方が大事。

ぜひ、試してみてください。